授乳中の肌荒れ…原因を知って赤ちゃんにもやさしいケアを心がけよう 授乳中の肌荒れ…赤ちゃんにもやさしいケアを

ウォーターサーバーで質の良い水を摂取することで、おいしい母乳を赤ちゃんに飲ませてあげることができるだけではなく、ママの体もクリアになって授乳中の肌荒れなどを軽減させることができます。

【目次】
この記事は約 10 分で読めます。

人間は口から摂取した食べ物や飲み物が血液となって、体中を循環します。

そんな血液から母乳も作られているため、赤ちゃんが飲む母乳というのはママが摂取した食べ物や飲み物の影響をダイレクトに受けるのです。

そんな授乳中は赤ちゃんの健康を考えた食生活を送る必要があるのですが、それだけではなくママ本人の健康もしっかりと考えてあげなければなりません。

どんなに栄養を摂取してもそのすべてがママのものになるのではなく、赤ちゃんにとられてしまうため中には栄養失調であったり、肌荒れに悩まされるママも少なくはありません。

日頃の食生活も重要なのですが、それ以上に注目したいのが水です。

コップに注がれる水

人間の体を構成する上で水分は非常に多くの割合を占めています。

質の良い水は美容面だけではなく健康面においても良い影響を与えるのですが、質の悪い水は体を壊してしまう可能性があります。

質の良い水を摂取することは授乳中の肌荒れを防止しますし、おいしい母乳を飲ませてあげるためだけではなく、ママの健康や美容を守るためにも授乳中は特に水に気を配ることが大切なのです。

授乳中にママが飲んだ飲み物は母乳に影響する

約10カ月という大変な妊娠期間を経て、無事に我が子との対面を果たしたママは喜びと感動で包まれるでしょう。

しかしその反面生まれたその日から母乳をあげる日々がスタートするので、目まぐるしい育児に大変な思いをすることもあります。

大変だった妊娠期間が終わったとしても休む時間を与えてくれないので多くのママたちが疲れを感じてしまうでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ何も食べることができませんよね。

今までへその緒から栄養を送られていたので自分で食べたりしなくても栄養をたっぷり取り入れることができていたのですが、そのへその緒が切られてしまうと今度は自分で栄養を摂取していかなければなりません。

母乳を飲む赤ちゃん

そんな幼い彼らに必要となるのが母乳です。

もちろん粉ミルクでも良いのですが、やはり母乳というのはママの血液で作られたものなので栄養もたっぷり含まれていますし、免疫力もつきます。

研究データでは母乳で育った子よりも粉ミルクで育った子の方がアレルギーになる危険性が5倍もあるという結果が出ているほどです。

母乳を赤ちゃんにあげる意味

それだけではなく母乳をあげることで親子のコミュニケーションの時間をとることができるので、ただ栄養補給をするためのものだけではありません。

そんな大切な授乳中は赤ちゃんのことも考えてママ自身が飲み物に気を配らなければなりません。

妊娠期間中にアルコールやカフェインを我慢し、お産が終わったのでやっと解禁だと思ったら大間違いなのです。

アルコールの入った飲み物

授乳中はアルコールやカフェインも赤ちゃんに届いてしまうので、それが原因となって成長を妨げてしまう可能性も出てきます。

つまりママが食べ物や飲み物などに気を配らなければならないのは授乳中も変わらないと言えます。

母乳は血液からできているので、ママが飲んだものは血液となって送られます。

少量でもアルコールが混ざれば、それで赤ちゃんが酔っぱらってしまうこともありますし、カフェインが混ざっていれば興奮状態となり、上手く眠ることができずぐずりだす原因にもなります。

おいしい母乳をあげることができれば、健康的に育ってくれますし必要以上にぐずったりするのを防ぐこともできます。

また授乳中はママが摂取した栄養はほとんどとられてしまうと言っても過言ではないので、ママは肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。

もちろん栄養に関してだけではなく、育児のストレスや寝不足なども原因となって肌荒れに悩まされるママはたくさんいるので、どんなにケアしてもなかなか改善できないという人もいます。

こういった肌荒れ対策においても食べ物や飲み物に気を配ったり、体に負担をかけないように質の良いものを摂取するように心がけることは非常に重要です。

人間の体はほとんどが水でできていると言っても過言ではないほどの割合を占めているので、上質な水を摂取すれば様々な悩みの対策として有効です。

授乳中にミネラルウォーターが与える危険性

様々な飲み物がありますが、精神的に安定するからと言ってアルコールやカフェインの摂取は授乳中は控えるようにするのが基本です。

ジュースもお砂糖がたっぷりなのでおいしいのですが、乳腺が詰まって乳腺炎を引き起こす原因になる可能性も否定できません。

では何を飲めばいいのかということですが、一番良いとされるのは水です。

水分補給中の女性

母乳は血液でできていますが、その血液の状態が悪いとおいしい母乳が作られず、赤ちゃんは不機嫌になってしまいますし満足してくれなくなります。

おいしい母乳を作るためには血液の質を良くすることが大切なのですが、それは栄養のとれた食事だけではなく質の良い水を摂取することも重要なのです。

それは血液も水分の1つと考えられているからです。

とは言っても水道水を飲むというのは気が引けるという人もいますよね。

地方の人だと水道水でも抵抗なく飲むことができるという人が多いのですが、都会の方となるといくら浄水されていたとしてもあまり安心して飲むことができないという人も多いのではないでしょうか。

ミネラルウォーターを飲むときの注意点

ミネラルウォーターそこで市販されているミネラルウォーターを購入して飲むという人がいますが、これは実は危険なのです。

ミネラルウォーターというのは名前の通り、水の中に様々なミネラルが含まれていることを指します。

これは大人の体からすれば非常に健康的なのですが、幼い子供の体には大きな負担となります。

というのもまだ体の様々な機能が未発達な赤ちゃんにとっては、ミネラルは消化器官が処理することができず体に負担をかけてしまうことになります。

授乳中の肌荒れに悩まされているママであれば、ミネラルが含まれた水の方が美容に良いですし、肌荒れの改善や対策にもなると思って好んで飲む人もいますが、それが赤ちゃんに負担をかける形となってはいけません。

そのため授乳中はミネラルウォーターを避け、不純物がなるべく含まれていない軟水を摂取するということを心がけるようにしましょう。

そうすれば肌荒れ対策もできますし、授乳中でも安心して水分補給を行うことができます。

特に授乳中の肌荒れの原因は栄養をとられていることだけではなく、水分不足によって栄養が十分に届いていなかったり、体の内側から乾燥していることが原因となっている可能性もあります。

ただたくさんご飯を食べることだけがおいしい母乳を作るわけではありませんし、肌荒れを防止することになるわけでもありません。

女性であれば肌荒れは悪化する前になんとかしたいですし、これ以上悪化しないように対策をしたいという気持ちになるのも分かりますが、授乳中は赤ちゃんの健康が第一なのでサプリメントの摂取などは控えるのが基本です。

しかしクリアな水を積極的に飲むようにすれば体内もクリアな状態になり、それだけで肌荒れが軽減される可能性があるので、食べ物にだけ目を向けるのではなく飲み物にも目を向けてみてください。

肌荒れ防止にも効果的なウォーターサーバーの魅力

多くの施設ではよく見かけるようになったウォーターサーバーですが、本来は多くの人が集まる企業向けのものとして作られていました。

しかし健康志向の現代では家庭でも安心して水を飲むことができるようにと、近年では家庭内でもウォーターサーバーの需要が高まっています。

これはただ健康志向な家庭だけに限らず、授乳中の家庭にも非常に良いとされているのですが、それにはいくつかの理由があります。

健康にも美容にも良い

綺麗な上質の水まずは上質な水をいつでも飲むことができるということです。

水道水はどんなにろ過されたものが流れているとは言っても、なんとなくサビの感じがしたり、浄化するための塩素の影響が心配になる場合もあります。

もちろん普通に飲んでも体に害のない程度にはなっていますが、それは体の機能が発達した一般的な人間を対象にして言えることであって、まだ未発達な幼い子供には本当に影響がないとは言い切れません。

そんな心配をする必要もなく安心して質の良い水を飲むことができるウォーターサーバーは、幼い子供がいる家庭には特に需要が高いのです。

次に健康にも美容にも良いということで、人間の体の中の循環を司っているのはもはや水だと言っても過言ではありません。

甘い物を飲みすぎたら高血圧や糖尿病になる可能性がありますし、お酒の飲みすぎは動脈硬化などの様々な病気の原因になるというように体内に摂取した飲み物の影響というのは非常に大きなものです。

しかし不純物のないウォーターサーバーの水は体の中をクリアにしてくれるため、幼い子供に対しても安心で授乳中にはうってつけですし、また生活習慣病の改善や肌荒れなどの美容面のトラブルに対しても改善にもなります。

粉ミルクを作るときにオススメ

最後にいつでも飲むことができるという点なのですが、授乳中とは言っても時には粉ミルクを利用することがありますよね。

粉ミルクを作る様子

まだ生んで間もない頃は母乳が出る量も多くはないので、粉ミルクと併用しながら栄養を与えるというのが基本になりますし、万が一ママが病気になって体がしんどいため授乳ができない、あるいは外出先で授乳する場所がないなどという時には粉ミルクは必要となります。

しかし粉ミルクはお湯にとかして作るものなので、家庭でわざわざお湯を沸かすというのは面倒ですよね。

しかしウォーターサーバーであれば冷水だけではなく温水も出るので、すぐに粉ミルクの準備ができるというメリットがあります。

これならば夜中の授乳で眠い目をこすってお湯を沸かさなくてもすぐにミルクを準備してあげられます。

このように様々なメリットがあるウォーターサーバーですが、授乳中のママを手助けしてくれるというだけではなく、肌荒れなどの悩みを改善することもできる非常に役立つ存在です。

あまり肌荒れに悩まされていないから大丈夫というママでも、疲れが蓄積していったり、母乳を飲む量が増えてきたりという変化が見られると一気に肌荒れが促進される可能性もあります。

だからこそ授乳中は何かと使い勝手の良いウォーターサーバーが勧められるのです。

人間に欠かせないのは食べ物より水

健康においても美容においても、多くの人が注目するのが食べ物です。

カロリーを抑えたものや食物繊維が多いものなどにばかり目が行ってしまうのは仕方がないのですが、それ以上に大切なのは実は水なのです。

体の大半を占めるのが水ですが、これが不足していれば病気を招きやすい体になりますし、また質が悪いものを飲んで入れば肌荒れなどの美容面におけるトラブルを招きやすくなります。

だからこそ日頃の食生活だけではなく水においても見直してみることが必要不可欠なのです。

足のむくみが気になる女性

多くの女性がむくみに悩まされていますが、これは水分不足が原因の1つとして挙げられますよね。

また高血圧や糖尿病なども味が濃いものばかりを摂取しているからで水を飲んで代謝を上げたりするというようなことを対策として行っていない結果として表れているものですよね。

つまり水は体に起こる異変の原因として繋がることが多いので、食べ物よりもこだわってほしいところなのです。

妊娠している最中は飲み物の気配りが大事

特に妊娠中や授乳中のママの体は特別な状態です。

自分1人だけではなくお腹の中の命を育てることも考えなければならない妊娠中は、食べ物や飲み物だけではなく、運動の仕方もデリケートで体重管理もしっかり行わなければならないという大変な期間です。

そして授乳中であれば摂取した栄養がそのまま母乳となって伝わるので、なかなか気を抜くことができないという時です。

自分1人の体なら多少の妥協が許されますが、幼い我が子の命もかかっているとなると雑なことはできませんし、ある程度摂取するものに気を配らなければならないという大変な時なのです。

色々な種類の水のイメージ

そんな時だからこそ水を飲む量や質などにはこだわりたいものです。

妊娠中に比べて授乳中は赤ちゃんの体もどんどん大きくなっていきますし、与える母乳の量もどんどん増えていきます。

つまりそれだけママが摂取した栄養がとられていくことになるので、妊娠中はあまり肌荒れに悩まされることはなかったという人であっても、授乳中に一気に肌荒れを起こすようになることも珍しくはありません。

もちろん肌荒れの原因というのは栄養によるものだけではありませんし、寝不足やストレスも大きな原因として考えられるので、1日だけでもしっかり寝ることができれば肌荒れが改善するということもあります。

しかし肌荒れによって疲れた印象を与えたり、一気に老けたように見られてしまうのも事実で、それは女性にとっては非常に辛いことですよね。

特にストレスは血管を細くし、結果的に代謝を下げて冷えなどを招くこともあるのでこれが肌荒れを引き起こしてしまう可能性にもなります。

こういった悪循環を引き起こさないためにも授乳中の過ごし方というのは非常に重要です。

時にはカフェインの入ったものを飲んでも構いませんがそれが頻繁にならないように注意し、適度に息抜きをしながら精神的にも身体的にもリラックスさせることが肌荒れを防止します。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

この機会に改めて「水」の重要性に注目してみてください。

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。