授乳中の肌荒れ…原因を知って赤ちゃんにもやさしいケアを心がけよう 授乳中の肌荒れ…赤ちゃんにもやさしいケアを

出産後は体に様々な変化があり、授乳中の肌荒れに悩む女性は多いです。 肌の乾燥やニキビ、湿疹など様々な肌トラブルの症状を改善するには、毎日の正しいスキンケアが大切です。 スキンケアと同時に食事や睡眠にも気をつける必要があります。

【目次】

授乳中の肌荒れとスキンケア

この記事は約 4 分で読めます。
ニキビ

妊娠して出産すると、女性の体には様々な変化があります。

その中で大きな悩みとなるのが肌荒れです。

妊娠するとエストロゲンなどの女性ホルモンが急増しますが、出産を終えると急激に減っていきます。

ホルモンバランスが安定しない状態が続くと、肌にも影響が出ます。

出産で体力を消耗し、出産後も慣れない育児で疲労がたまっている女性は多いです。

ストレスを感じると活性酸素が増えるため、ニキビや肌荒れの原因になります。

睡眠中は細胞の修復が行われるので質の良い深い睡眠を取ることが大事ですが、赤ちゃんの夜泣きや世話などで睡眠不足になる女性は多いです。

睡眠不足の日が続くと肌荒れが起こりやすくなるので注意が必要です。

授乳中の肌トラブルで多いのが乾燥やかゆみ、湿疹です。

ニキビが大量に発生する人もいます。

ホルモンバランスが乱れている時期は肌が敏感になっているので、かゆみや湿疹が出やすくなります。

育児によって睡眠時間が少なくなり、ストレスが強くなると症状が悪化することがあります。

女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまうと、肌の潤いがなくなり乾燥の原因になります。

慣れない育児や家事、睡眠不足で食欲がなくなってしまう人もいます。

栄養バランスの取れた食事は、母親にとっても赤ちゃんにとっても大事です。

栄養が不足すると体にも悪影響を及ぼすので注意が必要です。

不足しがちなビタミンやミネラルを多く含む野菜や果物、質の良いタンパク質をしっかりと摂取することが大事です。

食事から必要な栄養を摂取できない場合は、サプリメントで補う方法もあります。

最近は授乳中に必要な栄養を手軽に摂取できるサプリメントもあり、多くの女性が利用しています。

ホルモンバランスを整える対策としては、女性ホルモンを多く含む食品を摂取する方法があります。

タンパク質は体の細胞を作る重要な栄養素なので、積極的に摂るようにします。

豆腐や納豆などの大豆製品にはエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれているので、女性に人気があります。

授乳中のスキンケアによって肌荒れを防ぐ

出産した後の授乳中に肌の調子が悪くなった場合は、様々な原因が考えられます。

ストレスや睡眠不足に加えて、便秘や合わない化粧品も肌トラブルの原因になります。

産後は運動不足やホルモンバランスの変化によって便秘になる人が増えます。

便秘がすぐに解消する人もいますが、なかなか便秘の症状が改善しない人もいます。

産後は母乳によって水分が少なくなるので、便が硬くなって便秘になりやすいです。

腸内に便がたまると水分がどんどん失われて便秘が悪化することもあります。

便秘が続くとニキビなど肌トラブルの原因にもなります。

できるだけ水分を補給して、適度に運動することで便秘の改善が期待できます。

ヨガやストレッチのような軽い運動であれば、部屋の中でも可能です。

便秘に効果的なストレッチを加えると、より高い効果が期待できます。

出産後は体力や免疫力が落ち、ホルモンバランスも急激に変化します。

育児疲れや睡眠不足で肌のバリア機能が低下すると皮膚炎や湿疹の原因になります。

かゆい部分を無意識にかいてしまうと、傷口から雑菌が入って感染症を起こすこともあります。

症状が悪化すると治りにくくなるので肌荒れやかゆみ、湿疹が気になる場合は早めに皮膚科で診てもらった方が安心です。

産後の授乳中は肌荒れに加えてシミなどの色素沈着も発生しやすいです。

肌荒れ対策でもシミやニキビ対策でも保湿は非常に重要です。

授乳中に発生する様々な肌トラブルの症状は、潤い不足が原因であることも多いです。

授乳中に潤いが不足して肌のバリア機能が低下すると、紫外線など外部の刺激に対して弱くなってしまいます。

肌のバリア機能を本来の状態に戻すには、保湿力の高い化粧品を使って乾燥から肌を守ってあげることが大切です。