授乳中の肌荒れ…原因を知って赤ちゃんにもやさしいケアを心がけよう 授乳中の肌荒れ…赤ちゃんにもやさしいケアを

授乳期間中に肌荒れすることはよくあることですが、授乳中の服用は出来れば控えたほうが良いといわれています。服薬より効果的なのが水分補給です。水分補給することでデトックス効果が得られ肌トラブルも解消します。

【目次】

授乳中の肌荒れ改善には、服薬より水分補給が効果的

この記事は約 4 分で読めます。
肌荒れ改善のために水分をとる女性

授乳中に肌荒れしてしまって困っているけど服薬するのは不安、というママは多いのではないでしょうか。

妊娠中とは生活スタイルもホルモンバランスも大きく変化し、赤ちゃんとの生活が始まり自分の時間が取れずにストレスから肌荒れをしてしまうママが意外と多いことがわかっています。

肌荒れをしてしまったら薬を飲めばよい、というのは授乳中以外の女性になら当てはまりますが授乳中のママは出来ればお薬は避けたほうが良いといわれています。

服薬してしまうとその成分は母乳を介して赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性が高くなります。

そのため、授乳期間中はなるべく赤ちゃんに影響がありそうな食品は避けることが望ましいといわれています。

授乳期間中は寝不足になりがちですし、慣れない赤ちゃんとの生活がスタートすることで肌にトラブルも起こしやすくなります。

肌トラブルと言ってもかゆみや赤み、湿疹やアトピー、ニキビなど様々なタイプがありますが、こうした肌トラブルに対して服薬をするというのはリスクがともないます。

肌荒れの原因は様々なものが考えられますが、授乳中には服薬しないほうが良いという事を考えた場合、身体の内側から健康にすることを考えることが推奨されています。

肌荒れを起こしやすい体質を改善するのに役立つのは、以外にも水分補給と言われています。

水分を体に取り込むことで授乳中に驚くほど水分を奪われるままの身体を自然な状態に戻すことが出来ますし、肌の潤いを取り戻し肌荒れを防ぐことにも役立ちます。

授乳中には赤ちゃんにかなりの量の水分を母乳として与えますので喉が渇くと感じるママは多いのではないでしょうか。

それもそのはずで、たくさんの栄養とともに水分も身体から減っている状態ですので、そのままでは肌が乾燥して様々なトラブルを起こしやすくなってしまいます。

授乳中の肌荒れを改善するためには毎日水分を補給し、身体の中の水分を保つことが得策です。

服薬より効果が高い、適度な水分の補給という美容法

質の良いお水を適量飲んで水分補給することは、デトックス効果が期待でき身体のめぐりが良くなりますので、お通じが良くなったり、結果的に肌がみずみずしくトラブルのない状態に導いてくれます。

赤ちゃんを出産後はお世話するのが忙しくなり、ついつい自分の事は後回しにしてしまいがちです。

しかし、毎日上質の良いお水を飲む習慣を身に着けることは、美容や健康を維持する為にとても重要な事ですし、ママが美しく健康でいることは家庭を支える上でも重要な事だといえます。

特に授乳中は忙しく体調を壊しがちですし、油断をすると肌がトラブルを起こすことも少なくありません。

意外と多いのが、出産してから肌質が変わって肌荒れを起こすケースです。

急に肌荒れが起きてしまうとつい服薬したくなりますが、母乳を介して赤ちゃんにも成分が作用してしまうリスクがありますし、実際に授乳中には服用できない薬も多いのが実情です。

薬を飲むよりも手軽にできて、肌だけでなく健康にも良い方法が水分補給です。

デトックスは最近美容や健康を語る上でのキーワードとして語られていますが、このデトックスに欠かせないのが水分補給です。

お水を飲めばよいというのではなく、質の良いお水を飲むことが重要ですが、適度に水分を補給することで驚くほど身体のめぐりが良くなりますし、余分なものが外に出やすくなるデトックス効果が得られます。

お水を飲むと体重が増える、むくむのではないかと考えられがちですが、お水はノーカロリーですし太ることはありません。

又、肌にうるおいを与えてバリア機能を向上させ、みずみずしく健康な肌になるためには水分を補給するのが最も近道と言えます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

この機会に改めて「水」の重要性に注目してみてください。

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。